日本初のレジデンス付き「パーク ハイアット」が北海道ニセコに 19年開業

パーク ハイアット ロゴ
パーク ハイアット ロゴ
画像: ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ

 アジア屈指のスキーリゾートとして知られる北海道ニセコ地区に、「パーク ハイアット ニセコ HANAZONO」が2019年に開業する。ニセコの雄大な自然とパーク ハイアットならではの上質なサービスを融合し、ゲレンデに隣接する敷地内には約100室の客室やレストラン&バー、ミーティングスペース、スパ、フィットネスセンター、屋内スイミングプールを配置。また、約100室のパーク ハイアット レジデンスが日本で初めて併設される予定だ。

 「パーク ハイアット ニセコ HANAZONO」の計画予定地は、ニセコ・アンヌプリ山の裾野に広がる4つのスキー場のうちのひとつで、香港の不動産開発会社パシフィック センチュリー プレミアム ディベロップメンツ(以下、PCPD)が開発を手がける「ニセコ HANAZONO リゾート」の敷地内。今回、ハイアット ホテルズ アンド リゾーツはPCPDとホテル・レジデンス運営受託契約を締結し、ニセコ HANAZONO リゾートの最重要プロジェクトと位置付けて、新施設の開発に着手する。

 日本初のパーク ハイアット レジデンスについては、同レジデンスのオーナーが指定のレンタル・プログラムに参加し、かつレジデンスが空室の場合には、パーク ハイアットがホテルの客室として運営するというシェアリング機能を導入する。