;

アリババグループ、シーズン商戦「シングルデー」で過去最大の売上を記録か

アリババグループECサイトの1つ「陶宝(タオバオ)」のページより
アリババグループECサイトの1つ「陶宝(タオバオ)」のページより

 中国最大手ECサイト「アリババグループ(阿里巴巴集団)」が、毎年11月11日に行う「シングルデー(独身の日)」と呼ばれるシーズン商戦で過去最大の売上を記録する勢いだ。セールは真夜中からスタートし、グループが運営するECサイトでは開始10時間ですでに売上1兆円を超える取引が行われている。

 「アリババ」では、2009年から中国全土で6億6,800万人に上るオンラインユーザーを取り込む狙いで数字の「1」が連続して並ぶ11月11日を「シングルデー」に制定し、24時間のタイムセールを実施。去年の売上は93億ドル(約1兆1433億)に上り、年々モバイルから購入の増加に伴い、売上額も増加している。アリババグループCEOのDaniel Zhangは事前に発表されたプレスリリースで「全世界は来る11月11日に中国人の購買力の凄さを目撃することになるだろう」とコメントしていた。

 なお、リサーチ会社の調べによると昨年のアメリカ感謝祭前後のシーズン商戦「ブラックフライデー」から「サイバーマンデー」の5日間の全体的な売上は65.6億ドル(8,065億円)だったといい、「シングルデー」の取引額の大きさがうかがえる。