【動画】映画「ディーン、君がいた瞬間(とき)」がベストドレッサー賞推奨映画に

画像: Photo Credit:Caitlin Cronenberg, (C)See-Saw Films

 12月19日から全国で順次公開される映画「ディーン、君がいた瞬間(とき)」が、一般社団法人日本メンズファッション協会による2015年「ベストドレッサー賞」の推奨映画に決まった。24歳でこの世を去った俳優ジェームズ・ディーン(James Dean)と、その死の直前の一番輝いていた瞬間を捉えたLIFE誌の写真家デニス・ストック(Dennis Stock)との、"知られざる"2週間の旅路を描いた作品になっている。

 ジェームズ・ディーンを演じるのは、「アメイジング・スパイダーマン 2」の主演デイン・デハーン(Dane DeHaan)、写真家デニス・ストック役は「トワイライト」シリーズのロバート・パティンソン(Robert Pattinson)が担当。監督はザ・ローリング・ストーンズやU2、ビョークらアーティストと親交のある伝説の写真家アントン・コービン(Anton Corbijn)が手がけ、死の直前の一番輝いていたディーンを捉えた。製作陣にはアカデミー賞作品賞に輝いた「英国王のスピーチ」のスタッフが名を連ねるほか、「her/世界でひとつの彼女」でアカデミー賞作曲賞ノミネートとなったオーウェン・パレット(Owen Pallett)がジャズサウンドで50年代のムードを作りあげている。

 一般社団法人日本メンズファッション協会は、話題性がありお洒落であるという選定条件のもと、今回の受賞を決定。同作に加えて、「007 スペクター」と「フランス組曲」も推奨映画に選ばれている。

「ディーン、君がいた瞬間(とき)」予告編