;

服を展示しない展示会、ノリコナカザトがヴァーチャル空間で最新コレクション発表

展示会場の様子
展示会場の様子
画像: Fashionsnap.com

 東京藝術大学大学院に在学中の中里周子が手がける「ノリコナカザト(NORIKONAKAZATO)」が、初となるリゾートコレクションを発表した。新たな試みとして、Psychic VR Labが開発したヴァーチャルリアリティー(VR)技術「STYLYプレミア」を使用し、同氏が作り上げたVR空間でコレクションを公開。会場には一切服を展示せず、テクノロジーを駆使することで現行のファッションシステムにはない新たな売買の形を提案した。

 2016年リゾートコレクションでは、「海の幸」をテーマに90年代のスクール映画の女性が持つ「品のあるフレッシュさ」と「豊かさ」に着目しながら、彼女達の独特のテンションを服だけではなく空間全体を通して表現したという。架空の島を再現したという展示会場は、アーティストの玉山拓郎が手がけており、床には石を敷き詰め、リゾートをイメージさせる植物のオブジェに加え、ディスプレーを展示。ディスプレイには、Psychic VR Labが開発したVRを用いた3D映像が流され、リモコンで操作してコインを水面に落とすことで遺跡が登場する。遺跡の出現に合わせ、コレクションのルックが映しだされた写真立てなどのアイテムが現れ、会場で渡される土産物の中にあるQRコードを読み込むと、3Dスキャニングによりデジタルデータ化された"発掘したアイテム"(=コレクション)を閲覧することができる。360度回転させることができるため、商品がその場に存在しているようなヴィジュアルに仕上げられており、ページ上で受注販売も行われている。中里周子は「楽しい体験ができるファッションの見せ方をしたいと思い、今回"島"を作ろうと考えました。昔からデパートを作りたいという思いがあって、それをバーチャル世界の中で表現し、今ある売買の仕組みとは異なる手法を提示したかった」とコメントしている。

アイテム閲覧ページ

ルックはこちら

■NORIKONAKAZATO Resort Collection 2016 「 海の幸 」
日程 : 2015年11月29日(日)- 12月2日(水)※一般入場可
時間 : 12:00 - 20:00
場所 : G/P gallery Ebisu 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
問い合わせ先 : norikonakazato.system@gmail.com