アーカー展開「530PARK」が閉店 ブランドは青柳龍之亮が継続

画像: Fashionsnap.com

 東京・渋谷のジュエリースタイルショップ「530PARK」が3月15日をもって閉店する。同店で展開されているユニセックスジュエリーレーベル「ファイブサーティーパーク(FIVE THIRTY PARK)」は、アーカーから独立。ブランドは引き続きデザイナー青柳龍之亮によって継続される。

 アーカーは2015年にNYサロンの開設に伴い「アーカー オム」ブランドを刷新。名称を「ファイブサーティーパーク」に改め、ショップを「アーカー」ブランドの膝元でもある渋谷区神南に出店した。今回、ショップは閉店するがジュエリーブランドとしては継続させる方針で、今後は「530PARK」のオンラインストア他、「アーカー」の神南本店と表参道ヒルズの2店舗で取り扱われる。