「美少女戦士セーラームーン展」がスタート 初公開の原画や入手困難な90年代グッズが一堂に

追加情報:

【5/11追加】開催26日目で来場者10万人を突破。

オープニングセレモニーに登場した若槻千夏
オープニングセレモニーに登場した若槻千夏
画像: FASHIONSNAP

 「美少女戦士セーラームーン展」が、4月16日にスタートする。開幕に先駆けて公開された六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリーでは、今回のために原作者の武内直子が描き下ろした2点を含む原画や90年代のアニメ資料など、多数の作品を展示。会場内には限定グッズを展開するショップを併設する。

 人気作品「美少女戦士セーラームーン」の初となる展覧会「美少女戦士セーラームーン展」は、エントランスを含めた7つのセクションから構成。ムーンキャッスルをイメージしたというエントランスは、セーラー戦士の全身イラストを展望台の窓にあしらい、高さ11メートルを超える吹き抜けの大空間には原作者 武内直子が描き下ろした原画を使用したタペストリーを飾るなど、同作の世界を体感できる空間に仕上がっている。セーラー5戦士のパネルと写真が撮れるフォトスポットも設置され、作品の舞台である麻布十番や東京タワーをバックに記念撮影が可能。日没後は10分毎に、アニメ主題歌「ムーンライト伝説」の音楽にあわせた音と光のライトショーが開催される。

 エントランスに続くセクション「セーラームーンクロニクル〜愛と戦いの系譜」では、ストーリーを紹介する同作初の公式年表を公開。中盤では、初公開となる第1話のカラー原稿や、応募者プレゼントとして製作された「うさぎちゃんステーショナリーセット」をはじめとする懐かしのアイテムのほか、現在は入手困難な90年代のグッズや作品資料などが500点以上展示される。終盤では、見どころの一つである武内直子が同展のために描き下ろした原画2点や「なかよし」連載当時のカラー原画、「フラウ(FRaU)」2015年11月号の表紙を飾った清川あさみとのコラボ作品を特別公開し、ミュージカルなどセーラームーン20周年プロジェクトについても紹介。スペシャルショップでは、限定オリジナルグッズ約50アイテムに加えて、ブランドとのコラボ商品や一部先行商品を販売する。

 会期中は、カフェエリア「ミュージアム カフェ & レストラン ザ サン & ザ ムーン(Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON)」が「CHIBIUSA Cafe」に変身。「タキシード仮面のニヒルなパスタ」(1,300円)や「天空のミラクル・ロマンスパフェ」(1,250円)など同作品をモチーフにしたメニューが提供される。

 同日に開催されたオープニングセレモニーには、ゲストの若槻千夏が同作とのコラボ商品として展開された「ピンクハウス チェルシー(PINKHOUSE CHELSEA)」のブルゾンと、「ポール & ジョー シスター(PAUL & JOE SISTER)」のルナポケット付きスカートを着用して登場。小学生のころから同作品のファンだといい、「ドンズバの30代の方はもちろん、10代や20代の若い子達にも来て欲しいです」と呼びかけた。最後に「月にかわってお仕置きよ!」と決め台詞を言うと、ライトショーが公開された。

■「美少女戦士セーラームーン展」
開催期間:2016年4月16日(土)〜6月19日(日)
※会期中、作品保全のため、一部のみ原作者 武内直子氏のカラー原画のみ展示替えを実施。
展示替え期間:第一期 4月16日〜5月8日/第二期 5月9日〜5月29日/第三期 5月30日〜6月19日
開館時間:10:00〜22:00(最終入館は21:30)
休館日:会期中無休
開催場所:六本木ヒルズ展望台 トウキョウシティビュー内 スカイギャラリー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
料金:一般1,800円、高校大学生1,200円、4歳〜中学生 600円、シニア(65歳以上)1,500円 ※すべて税込

※商品の販売状況は美少女戦士セーラームーン展公式ツイッターにて随時更新

公式サイト