誕生40周年「オサムグッズの原田治展」で1千点の作品が集結

ポスターヴィジュアル
ポスターヴィジュアル
画像: (C) Osamu Harada/Osamu Goods (R)

 イラストレーターの原田治が手がける「オサムグッズ(Osamu Goods)」の誕生40周年を記念して、初の本格的な展覧会「オサムグッズの原田治展」が弥生美術館で開催される。日本一のオサムグッズのコレクターであるトムズボックス主宰の土井章史が持つ秘蔵のコレクションを含む約1,000点の作品が集結する。会期は7月1日から9月25日まで。

 原田治のイラストをあしらった「オサムグッズ」は、1980年代から90年代にかけて女子中高生から人気を集め、80年代後半には年商20億円、年間販売個数500万個を記録。イラストは約20年間にわたって「ミスタードーナツ」のグッズに採用されていた。

 「オサムグッズの原田治展」の展示品はすべて原田治がデザインした正規のオサムグッズをそろえ、初公開される資料や原画も登場。同展覧会のポスターやチラシ、公式ロゴはすべて原田治が自ら手がけた。会場では展示のほか、限定グッズを含む物販スペースを設置。会期中はサイン会やトークショーの開催を予定している。

■オサムグッズの原田治展 OSAMU GOODS® The 40th Anniversary
  会期:2016年7月1日(金)~9月25日(日)
 休館日:毎週月曜日 ※7月18日(月・祝)開館、翌19日(火)休館
     ※9月19日(月・祝)は臨時開館、翌9月20日(火)開館
  会場:弥生美術館1階~2階会場(文京区弥生2-4-3)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
 入館料:一般 900円(800円) 大高生 800円(700円) 中小生 400円(300円)
     ※竹久夢二美術館と併せての料金。( )内は20名以上の団体割引料金
アクセス:東京メトロ千代田線 根津駅 及び 南北線 東大前 1番出口より徒歩7分
     JR上野駅 公園口より 徒歩20分

公式サイト