「スヌーピー」が今年も銀座三越に、日本各地の伝統食文化を紹介

メインアート
メインアート
画像: (C)2016 Peanuts Wonderwide LLC

 毎年好評のイベント「スヌーピー in 銀座 2016」が今年も銀座三越で開催される。18回目となる今年は「にっぽんおいしい体験記」をテーマに、スヌーピーとゆかいな仲間たちが海産・農産・畜産などの日本の職業体験を通じて日本の美味しいものを探しだすという内容。会期は7月27日から8月11日まで。

 「スヌーピー in 銀座 2016」では、和食に通じる日本人の伝統的な食文化を紹介。イベントのために描き起こした12枚のオリジナルアートを使用した銀座三越オリジナル商品が多数ラインナップし、一番搾り醤油には醤油造りの体験にでかけたスヌーピー、タマゴかけ醤油には田植えをするスヌーピー、めんつゆにはわかさぎ釣りを楽しむスヌーピーといったイラストがあしらわれる。その他、七味唐辛子やポップコーン、岐阜県産の米「ハツシモ」に加え、フリクションボールやモバイルバッテリー、京扇子などが販売される。

■スヌーピー in 銀座 2016
会期:2016年7月27日〜8月11日(8月1日は店舗休業日)
会場:銀座三越 7階催物会場
時間:10:30〜20:00(最終日は18:00まで)