;

ヴェトモンがストリートからラグジュアリーまで全17ブランドとコラボ<17年春夏>

VETEMENTS 2017年春夏コレクションのコラボルック
VETEMENTS 2017年春夏コレクションのコラボルック
画像: VETEMENTS

 デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が率いる注目ブランド「ヴェトモン(VETEMENTS)」が、パリ・オートクチュールコレクションの公式スケジュールにゲストデザイナー枠で参加し、2017年春夏コレクションを発表した。1つのショーでは過去最多となる計17ブランドとコラボレーション。メンズとウィメンズの混合ショーで、モデルには日本人のManami Kinoshitaを初起用している。

 ショー会場となったのは、パリの老舗百貨店ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店の店内。ランウェイでは「アルファ インダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)」「ブリオーニ(Brioni)」「カナダグース(CANADA GOOSE)」「カーハート WIP(Carhartt WIP)」「コム デ ギャルソン・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT)」「チャンピオン(Champion)」「チャーチ(CHURCH'S)」「ドクターマーチン(Dr. Martens)」「イーストパック(Eastpak)」「ヘインズ(Hanes)」「ジューシー クチュール(JUICY COUTURE)」「リーバイス(Levi's)」「ルケーシー(Lucchese)」「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」「マノロ・ブラニク(Manolo Blahnik)」「リーボック(Reebok)」「ショット NYC(Schott NYC)」といったストリートから高級紳士服まで多彩なブランドと協業した全54ルックを発表した。「リーバイス」のジャンプスーツや「ジューシークチュール」のベロアのトラックスーツ、そして一部のボタンを外し丸い穴を空けて着用したシャツや腰の高さまであるスーパーロングブーツなど、各ブランドのアイコニックなアイテムに「ヴェトモン」ならではのマスキュリンなテーラーリングやツイスト、オーバーサイズといった要素を加えて再構築。それぞれのピースが、様々なブランドとミックスしてスタイリングできるようデザインされた。なお、事前情報として挙がっていた「カワサキ(KAWASAKI)」とのコラボは、実際のコレクションには登場しなかったようだ。

【画像】VETEMENTS 2017年春夏コレクション