ケイスケヨシダ×草野庸子の作品展示、ファッションマガジンSTUDYが「STUDY展(本番)」開催

画像: STUDY

 インディペンデントファッションマガジン「スタディ(STUDY)」が、ギャラリースペースWDI. Galleryで展示会「STUDY展(本番)」を7月8日から6日間限定で開催する。スタディ編集人の長畑宏明がキュレートした作家たちによる合同展示と物販が行われ、会場では「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」を着用したモデルを写真家の草野庸子が撮り下ろした作品などを展示。古着屋店主たちがセレクトした古着の販売も行われる。

 日を追うごとにアップデートされていくというコンセプトの元で始まった同展示は、テレビ朝日の番組「トーキョー・コーリング」でHYPEBEASTの編集長ケヴィン・マ(Kevin Ma)が"いま、東京で気になる場所"としてピックアップしたことでも注目を集めている。会場では、「タクタク(tac:tac)」×写真家の花房遼、写真家の小浜晴美×モデルの瑞乃サリーといった様々な写真を展示。ケイスケヨシダの限定Tシャツのほか、ヴィンテージのフリーマーケット「RAW TOKYO」のセレクター星野泰平がキュレーションした古着の販売も行われる。長畑宏明は「缶ビールを飲みながら作品を眺めるもよし、恋人や友達との集合場所にするもよし、時間の中で、表現の多様性について考えを巡らせていただければ幸いです」とコメントしている。

■「STUDY展」ラインナップ
北山景一(写真家)、川谷光平(写真家)、岩本良介(写真家)、朝倉圭祐(写真家)、tac:tac(ファッションブランド)×花房遼(写真家)、KEISUKEYOSHIDA(ファッションブランド)×草野庸子(写真家)、伊丹豪(写真家)※7月15日から途中参加、小浜晴美(写真家)×瑞乃サリー(モデル)、星野泰平(ヴィンテージのフリーマーケット「RAW TOKYO」セレクター)、内田俊太郎(映像作家/小説家)

■会場
WDI. Gallery
東京都渋谷区富ヶ谷 1-8-5 後藤ビル 1F
東京メトロ 千代田線代々木公園駅 2 番口 徒歩 1 分
小田急線 代々木八幡駅 南口 徒歩 5 分
HP

■会期
日程:2016年7月8日(金)〜10日(日)、15日(金)〜17日(日) ※6日間限定
時間:12:00〜21:00

※時間は「STUDY」スタッフのスケジュールによって変動することがあり。STUDY公式Twitter、もしくは公式Instagramで当日の営業時間を公開