;

新生「バレンシアガ」デムナ・ヴァザリアが手がけた初のアクセサリーライン発売

BALENCIAGA バザール ショッパー XL
BALENCIAGA バザール ショッパー XL
画像: BALENCIAGA

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」が、新アーティスティック・ディレクターのデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が手がけた初のアクセサリーライン「バザール」を販売する。7月20日から直営店に並ぶ予定。

 「バザール」は、3月にパリで開催された2016年秋冬コレクションのランウェイショーで最後のパートに登場したアクセサリーで、マーケットバッグの機能性や形に「バレンシアガ」ならではのクチュール技術を掛けあわせて再解釈。デムナが率いるメゾンの新たなデビューを象徴するバッグになった。素材にはアリーナレザーをはじめテクスチャード加工されたカルングやパイソンを用いてストライプが彩り、バッグはインパクトのあるサイズのトート型「バザール ショッパー XL」(310,000円)から「バザール ショッパー M」「バザール ショッパー S」まで3サイズ展開。ブルー×ブラック×ホワイトは直営店限定のカラーとなる。また、ウォレットやポーチなどもラインナップする。

BALENCIAGA 2016年秋冬コレクション全ルック

■バレンシアガ ジャパン:0570-000-601