;

「ハッピーに死ぬためのお返し」ラリー・クラークの写真を購入できる展覧会が東京で開催

追加情報:

【9月28日更新】会期が10月3日まで延長しました。

LARRY CLARK「TOKYO 100」
LARRY CLARK「TOKYO 100」
画像: GALLERY TARGET

 カルト的人気を誇る写真家で映画監督のラリー・クラーク(Larry Clark)の展覧会「TOKYO 100」が、神宮前のGALLERY TARGETで開催される。作品が展示されるほか、ラリー・クラーク自身がプリントした写真を購入できる。期間は9月23日から10月3日まで。

 ニューヨークやロンドン、ロサンゼルスでの開催を経て東京で初の展示販売を行う同展は、「KIDS/キッズ」や「Wassup Rockers/ワサップ!」などの代表的な撮影シーンや、それらの作品のロケーションで撮影したスナップショット、Supremeのカレンダー撮影の際に撮り下ろしたポートレートやセルフポートレートを展示。ギャラリー中央には、中に写真が積み上げられた木製のクレートを設置し、ラリー・クラーク自身が薬局などでプリントした写真(102×152mm)のカラープリントを各1万5,000円で販売する。

 今回の展覧会は、73歳になったラリー・クラークが、今まで撮りためた多くの写真をファンや友人に持ってもらおうという思いから開催に至った。開催にあたってラリー・クラークは、「今まで何度も自分の展覧会に来てくれ1万ドルや1.5万ドルするプリントを買えなかったファンの子達へ、この展覧会はスケーターやコレクター達へのお土産や記念品とし、自分がハッピーに死ぬためのお返しなんだ」とコメント。展覧会のキュレーターは、「KIDS/キッズ」でデビューを果たした俳優でギャラリストのレオ・フィッツパトリックが務める。

【来日インタビュー】73歳ラリー・クラークがなぜ破格で作品を売るのか?KIDSとの深い関係

■TOKYO 100
期間:2016年9月23日(金)〜10月3日(月)
時間:12:00〜19:00
場所:東京都渋谷区神宮前2-32-10 GALLERY TARGET
公式サイト