グルーヴィジョンズが全長約13メートルのディスプレイで新作公開「三三屋」の限定出店も

画像: groovisions

 デザインスタジオのグルーヴィジョンズ(groovisions)が東京に拠点を移してから2017年で20年を迎える節目を記念し、展覧会「GROOVISIONS 5×27」を青山・スパイラルガーデンで開催する。四半世紀に及ぶ活動の中で手がけたアートワークのアーカイブを展示するほか、一部の作品は一般販売される。また、今年7月にオープンした京都のセレクトショップ「三三屋(みみや)」が東京支店を出店する。会期は2017年1月6日から15日まで。

 展覧会のタイトルにもなった新作「GROOVISIONS 5×27」では、縦横比5対27、全長約13メートルに及ぶ横に細長いフォルムの大型ディスプレイで、電車や路線をモチーフにしたループ映像を発表。吹き抜けのアトリウムには同スタジオの代表作「チャッピー(chappie)」のインスタレーションを展開する。「三三屋 東京支店」はインスタレーションの中心に配置される予定。

■GROOVISIONS 5 × 27
会期:2017年1月6日(金)ー 1月15日(日)会期中無休
時間:11:00~20:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
   東京都港区南青山5-6-23
   東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅B1、 B3出口すぐ
入場料:無料