;

メンズ誌「チョキチョキ」復活へ 12月10日発売

「CHOKi CHOKi web magazine」トップページ
「CHOKi CHOKi web magazine」トップページ

 内外出版社が、2015年7月号をもって休刊していたメンズ向けヘア&ファッション誌「チョキチョキ(CHOKi CHOKi)」の復活号を12月10日に全国の書店で発売する。今年4月にベルエポック美容専門学校とのコラボレーションによる無料冊子を展開したが、一般向けに制作を再開するのは休刊後初めて。発売に先立ち、ウェブマガジン「CHOKi CHOKi web magazine」を開設した。

 チョキチョキでは休刊後、LINEブログで情報を発信していたが、ベルエポック美容専門学校と制作した冊子が好評を得たことを機に紙媒体として新たにスタートを切ることを決めたという。復活号では、渋谷のセレクト古着店「コドナ(kodona)」のショップマネージャーICCHOがファッションディレクターとして参加し、ストリートスナップのファッションページを展開。サロン企画でもICCHOの意見を取り入れるという。編集長は休刊前から引き続き三浦伸司が務める。ターゲットとなる年齢層は設定せず、これまでのチョキチョキ愛読者に加えて若年層を取り込んでいきたい考えだ。復活号はムックで発行し、定期発行は現状未定としている。

 チョキチョキは10代の頃の愛読誌だったというICCHOはウェブマガジンの運営にも携わっており、「僕が原宿で過ごしていたあの頃と比べるとストリートスナップをしている人たちも減り ストリートスナップを撮られるドキドキや喜びも無くなってしまったのかなぁと感じます」という現状を踏まえ、ウェブマガジンを通じて「私が『choki choki』を読んで抱いたあの気持ちをお届けできたら嬉しいです」とコメントしている。