ロコンド「マンゴ」と国内独占契約、店舗・ECの運営を移行

MANGO創業者のIsak Andicとロコンド代表取締役社長の田中裕輔
MANGO創業者のIsak Andicとロコンド代表取締役社長の田中裕輔
画像: ロコンド

 ファッションの通販サイトLOCONDO.jpを運営するロコンドが、スペイン発のファストファッションブランド「マンゴ(MANGO)」の日本国内における販売独占契約を締結した。

 マンゴは全世界2,202店舗出店しているが、国内では現在原宿店のみの1店舗展開。ロコンドでは2015年からブランドの取り扱いを開始し、取り組み強化のため契約締結に至った。今回の契約によりネット通販をはじめ、今後のリアル店舗の出店においても同社が独占的に展開する。また新たにメンズとキッズを来春からラインナップに加え、今後「マンゴ」ブランド自社ECサイト及び倉庫事業はロコンドが開発・運営を担っていく。2017年度には10億円、2020年度までには100億円の国内売り上げを目指す。