;

妹島和世が設計「すみだ北斎美術館」が開館

外観
外観
画像: すみだ北斎美術館

 墨田区が11月22日、「すみだ北斎美術館」を開館した。設計は建築家の妹島和世が担当。展覧会などのイベントを通じて浮世絵師の葛飾北斎と門人の作品を紹介するほか、多彩な分野とコラボレーションし産業・観光分野などにも波及させ、地域活性化の拠点となることを目指す。

 「すみだ北斎美術館」は両国駅から徒歩10分のエリアにオープン。延床面積は約3,300平方メートルで、地下1階から地上4階の5フロアに常設展示室や企画展示室、講座室、図書室、収蔵スペースなどを設けている。北斎に関連する収蔵作品数は約1,800点で、世界有数の北斎作品収集家で浮世絵の研究者の故ピーター・モースや楢崎宗重から譲り受けた資料も保管。生涯のほとんどを墨田区で過ごし優れた作品を数多く残した北斎のように、すみだ北斎美術館も成長し続け、地域とのつながりを重視した息の長い施設づくりを行っていくという。開館記念展として、幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」を全巻一挙に初公開する「北斎の帰還 -幻の絵巻と名品コレクション-」が2017年1月15日まで開催される。

■すみだ北斎美術館
住所:東京都墨田区亀沢二丁目 7番 2号

■開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」
会期:2016年11月22日(火)〜2017年1月15日(日)開催日数43日間
   前期 11月22日(火)〜12月18日(日)
   後期 12月20日(火)〜1月15日(日)
※作品保護のため前後期で一部展示替えを実施。また、各期においても途中で一部展示替えを行う
休館日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は翌平日)、年末年始 11月28日(月)、12月5日(月)、12月12日(月)、12月19日(月)、12月26日(月)〜1月1日(日・祝)、1月10日(火)
開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(入館は閉館の30分前まで)

公式サイト