;

パリ発「ニウク(NÏUKU)」の新ライン先行発売 ヴィンテージのアディダスを再構築

画像: BASSCOUTUR NÏUKU

 パリ発のブランド「ニウク(NÏUKU)」から、新ライン「バスクチュール ニウク(BASSCOUTUR NÏUKU)」がデビューした。2017-18年秋冬コレクションの販売に先駆けて、「インターナショナル ギャラリー ビームス(International Gallery BEAMS)」で一部アイテムを先行発売する。

 「バスクチュール ニウク」は、2017-18年秋冬パリメンズコレクションで行われたランウェイショーでデビュー。アイコニックなアイテムを解体し、時代に合わせて再考、再構築することをコンセプトとしている。「インターナショナル ギャラリー ビームス」では、「アディダス(adidas)」のヴィンテージジャージーに特化したアイテムを2月18日から先行発売。全て1点もので、価格はトップスが4万8,000円、ボトムスが3万8,000円。

 「ニウク」は、アフリカ出身のKADIATAとLENNYの男女デュオが、2014年にスタート。2人の故郷でもあるアフリカをベースに、フレンチカルチャーやトランスジェンダー、 ユニセックスを融合したミニマルなスタイルを提案している。

■展開店舗
場所:渋谷区神宮前3丁目25-15 ダ ヴィンチ ビル2F INTERNATIONAL GALLERY BEAMS MEN'S