「エルメスの手しごと」展が東京初開催、メゾンに受け継がれる職人技術を公開

Alex ProfitAlex Profit
Alex Profit

 「エルメス(HERMÈS)」が、「エルメスの手しごと」展を表参道ヒルズのスペース オーで開催する。「エルメス」の職人達が来日し、メゾンの根幹であるクラフツマンシップを披露する。会期は3月9日から19日までで、入場は無料。

 「エルメスの手しごと」展は、2011年の開始以来、世界各都市で開催されてきた。初の東京開催となる表参道の会場では、メゾンに受け継がれる10種の手仕事のコーナーを設け、フランスから来日した職人がデモンストレーションを行う。各職人は、様々な素材をバッグやカレ、ジュエリー、時計などに変身させる卓越した技を披露するほか、仕事についての説明や質問にも答える。1586年に創業し、1989年からエルメスグループの一員でもあるクリスタルメゾン「サンルイ(Saint-Louis)」のコーナーでは、360°VR映像を用いた展示を行う。

 銀座メゾンエルメスでは、表参道の会場と呼応する形で、「エルメスの手しごと」展"メゾンへようこそ"を開催。職人や手しごとに関連する映画上映やトークセッション、ワークショップなど参加型のプログラムを通じて「エルメスの手しごと」展をより楽しめるコンテンツを用意する。

■エルメスの手しごと展 "アトリエがやってきた"
会期:2017年3月9日(木)〜3月19日(日)
時間:11:00〜19:00(最終入場は18:30)
会場:東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号 表参道ヒルズB3F スペース オー
休館日:3月13日(月)
公式サイト