;

C CHANNEL×オンワードがウェブブランド始動 "クリッパー"ら20代女子が商品を企画

「Two Faces」ルック
「Two Faces」ルック
画像: FASHIONSNAP / Two Faces

 女性向け動画メディアを展開するC Channelと、アパレルメーカーのオンワードホールディングス(以下、オンワード)が、異業種コラボレーションによるウェブブランド「トゥー フェイシーズ(Two Faces)」を発表した。「C CHANNEL」の人気クリッパー(動画投稿者)2人とオンワード社員2人の20代女子4人が中心となって商品開発を行い、C Channelで関連動画コンテンツとして発信。3月15日から「CCHAN Shopping」「ONWARD CROSSET」「ZOZO TOWN」で販売する。

 LINE元社長の森川亮が立ち上げた「C CHANNEL」は、タレントやモデルらがクリッパーとしてファッションやメイク、フード、トラベルなどの情報をアジアを中心にグローバルに紹介する女子向け動画ファッションマガジン。人気クリッパーの清水愛美と春留奈が商品開発に携わる「トゥー フェイシーズ」のコンセプトは「Tokyo リアル」で、ターゲット層は東京で暮らす高感度で情報に敏感な20〜30代のマインドを持つ女子に設定した。オフィスやプライベートで、昼も夜もファッションを楽しみたいという「Tokyo 女子」のニーズを汲み取り、昼はシンプルなワンピースに、夜は裏返して華やかなレースワンピースになるなど、昼と夜で2つの顔を持つ2wayアイテムやトレンドアイテムをラインナップする。価格帯は、コートが6,900円〜1万900円、ジャケット・ワンピースが5,900円〜7,900円、パンツ・スカートが4,900円〜6,900円、ブラウスが3,900円〜5,900円、ニット・カットソーが2,900円〜5,900円、アクセサリー他が1,900円〜3,900円(全て税別)。実店舗を持たずウェブのみの展開にすることで、手に取りやすい"リアルな価格"を実現したという。

 森川代表取締役は、「ソーシャル×動画で物を紹介し、すぐに買えるという流れが勢いを増すなかで、インフルエンサーと取り組んだオンラインブランドを(オンワードと)ご一緒することで一気に加速できたらと思っている」とコメント。また、百貨店を主な流通先として30〜50代を中心に顧客を抱えるオンワードの保元道宣代表取締役社長は「20代以下の新しい客向けのブランド商品を開発したいという思いがあった。東京の女子から将来的にはアジアの女子、世界の女子へと広げていき、おしゃれでお得感のある、そしてスピード感のあるファッションを提供していきたい」と展望を語った。