;

「アートフェア東京2017」が開幕、オープニングセレモニーに安倍昭恵夫人や香里奈が出席

スプツニ子!とランボルギーニによるアートカー
スプツニ子!とランボルギーニによるアートカー
画像: FASHIONSNAP

 国内最大級のアート見本市「アートフェア東京2017」が3月16日、東京国際フォーラムで開幕した。オープニングセレモニーには、ゲストとして安倍昭恵 首相夫人やタレントの香里奈らが登壇。鏡開きを行い、イベントのスタートを祝した。同イベントは3月19日まで開催される。

 「アートフェア東京2017」のテーマは、「Art is Alive - アートに近づく、アートが近づく -」。12回目の開催を迎える今回は150軒(国内135軒、海外15軒)が出展し、そのうち22軒が初出展となる。古美術や工芸から、日本画、近代美術、現代アートまで幅広いジャンルの作品が一堂に会する会場では、「ランボルギーニ」が現代美術家のスプツニ子!とコラボレーションしたアートカーが初展示されるほか、宇野亞喜良と石黒亜矢子による二人展、韓国人アーティストのクワッチョル(Gwag Chul)と東京ガールズコレクションがコラボレーションした女性像などが展示。エントランス付近には、草間彌生の作品「ミラールーム」が設置され、ボックスの中を覗き込むと、鏡で覆われた空間の中で赤いドットのスカルプチュアが永遠の広がりを見せる。

 オープニングセレモニーには、アートフェア東京のエグゼクティブプロデューサーを務める來住尚彦をはじめ、安倍昭恵 首相夫人、田村明比古 観光庁長官、山本幸三 地方創生担当大臣、高橋雄一 テレビ東京社長、 宮田亮平 文化庁長官、タレントの香里奈の7人が登壇。ここ数年間、同イベントに毎年参加しているという安倍昭恵夫人は「年々規模が大きくなってきていると感じます。アート産業の昨年の市場規模は3,341億円で、映画やゲーム、アニメなどを上回る市場だったそうです。特に最近は、若者がアートに関心を持って気に入った作品を購入する傾向にあると伺っています。値段が高いか安いかではなく本当に自分の心に響くアートが見つかると、それは宝物になる。日本の素晴らしいアートが海外にも広がっていくことを期待します」とコメントした。

■アートフェア東京2017
会期:2017年3月16日(木)~ 3月19日(日)
会場:東京国際フォーラム・ホールEおよびロビーギャラリー
入場料:前売り券 1DAYパスポート引換券 2,300円(税込)/当日券 1DAYパスポート 2,800円(税込)
公式サイト