メゾン ド リーファーの新ラインがデビュー、博多の新店舗で販売

新ラインのディレクター 舘かおり
新ラインのディレクター 舘かおり
画像: MAISON DE REEFUR

 梨花が手掛ける「メゾン ド リーファー(MAISON DE REEFUR)」から新ラインが4月にデビューする。

 新ラインのディレクターには、ブランド設立当初よりメゾン ド リーファー代官山のショップマネージャーやプレス担当、企画を担当してきた舘かおりが就任。女性らしいレースや透け感のある素材を使用したアイテムに、ストリートカルチャーからインスピレーションを受けたアイテムを組み合わせたミックス感のあるレイヤードスタイルを提案する。

 また、4月17日には名古屋の新商業施設タカシマヤ ゲートタワーモール、19日にはJR博多シティ アミュプラザ博多内にメゾン ド リーファーの新店舗がオープン。新ラインは博多店のみで展開されるほか、名古屋店では限定アイテムのキーホルダー(1,000円)やTシャツ(7,200円/いずれも税別)などをラインナップする。