松屋が中国の顧客向けECを開始、現地企業と連携

松屋銀座中国ECサイト
松屋銀座中国ECサイト

 松屋が、中国国内の顧客を対象にしたECを3月21日から開始した。サイトではベビー服、化粧品など700点から展開を開始し半年後に3,000点、1年後には1万点の品ぞろえを目指す。

 松屋では中国人観光客によるインバウンド需要が高いことや広告宣伝コストの負担から、中国現地向けのECサイトを立ち上げることを決定した。松屋店舗に来店する中国人顧客のリピーター化や、現地での広告効果と安定したECの売上拡大を見込む。ECサイトのコンセプトは「銀座スペシャリティストア」。中国本土でのECやプロモーション事業のノウハウを持つ「Azoya International(Hong Kong)Ltd.」と連携することで、中国国内の日本商品需要を喚起していく。