新豊洲の都市型アウトドアパーク「ワイルドマジック」がリニューアル 多様なBBQエリアを展開

イメージ
イメージ
画像: ソウルプラネット

 東京・新豊洲の都市型アウトドアパーク「ワイルドマジック(WILD MAGIC)」がリニューアルした。開業時は「グランピング」をコンセプトに掲げていたがリニューアル後は「The Rainbow Farm」をテーマにBBQエリアや飲食メニューを充実させた。

 「ワイルドマジック」は都心で手ぶらでBBQやグランピングを楽しめるアーバンアウトドアパークとして2012年7月に開業。2015年7月には野外ウエディングとして利用できるスペース「LOVE KINGDOM」がオープンし、都心で楽しむアウトドアを提案してきた。

 リニューアル後のコンセプトである「The Rainbow Farm」には虹のように施設や人の繋がりの架け橋となり、家族や仲間との大切な時間や繋がりを育む(FARM)という思いを込め、スタイリッシュなアウトドアスポット「WILD MAGIC - The Rainbow Farm -」としてリニューアル。具体的には宿泊プランを休止し、ハンモックを備えた「FAMILY AREA」や焚き火台が常設された「FIRE PIT AREA」、ビーチを備えた「PLANTS & WATER」などエリアごとにコンセプトが異なるBBQエリアを設けた。スタンダードやプレミアムをそろえたBBQメニューのほか、CAFEエリア限定メニューとして「BBQ Pit Boys」直伝レシピのステーキをプレートにした「PIT BOYSステーキプレート」や「PMカレー」などを展開。BARでは「RAINBOW アイスキャンデー&スムージー」といったスイーツやオリジナルカクテルをラインナップしメニューを充実させた。「LOVE KINGDOM」では引き続きウエディング目的の利用が可能。BBQ利用は団体のみとなり、パーティーエリアとしての機能を高めた。

■WILD MAGIC -The Rainbow Farm-
住所:東京都江東区豊洲6-1-23

公式サイト