;

グッチ、2018年クルーズコレクションをフィレンツェのパラティーナ美術館で開催

文化プロジェクト「プレマヴェーラ・ディ・ボーボリ」を発表
文化プロジェクト「プレマヴェーラ・ディ・ボーボリ」を発表
画像: Courtesy of Gucci

 「グッチ(Gucci)」が、ウフィッツィ美術館とフィレンツェ市と共に文化プロジェクト「プレマヴェーラ・ディ・ボーボリ(Primavera di Boboli)」を展開することを発表した。その一環として、2018年クルーズコレクションのファッションショーをフィレンツェ市内のピッティ宮殿にあるパラティーナ美術館で5月29日に開催する。同美術館がファッションショーの会場として使用されるのは初となる。

 「プレマヴェーラ・ディ・ボーボリ」とは「ボーボリ庭園の春」を意味し、ピッティ宮殿内のボーボリ庭園の修復と改修を行い後世に伝えるプロジェクト。ボーボリ庭園は33ヘクタールの広大な敷地に彫刻や建築物が点在するほか、16世紀に世界中からトスカーナ地方に集められた多種多様な植物が棲息している。プロジェクトはイタリアの文化財・文化活動省や観光省の後援および、フィレンツェ市の資金援助により実施され、グッチは3年にわたり総額200万ユーロをウフィッツィ美術館に寄付する。