;

350万円で買える隈研吾の建築「住箱」がスノーピークから発売

20日にギンザ シックスにオープンする「スノーピークモバイル」
20日にギンザ シックスにオープンする「スノーピークモバイル」
画像: FASHIONSNAP / snow peak

 「スノーピーク(snow peak)」が、4月20日に開業するギンザ シックス(GINZA SIX)に新業態となる「スノーピークモバイル(snow peak mobile)」を出店する。オープンに合わせ、建築家の隈研吾がデザインしたモバイルハウス「住箱(じゅうばこ)」の一般向け受注販売を開始する。

 「住箱」は、隈研吾が大学院生時代にアフリカのサハラ砂漠での旅行体験からインスピレーションを得て長年構想していたという「旅する建築」をコンセプトに開発。ヒノキの合板を組み合わせたトレーラーハウスで、開閉式の大窓やガラスの出入口をパネルで閉じると、全体がシンプルな長方形の箱に見える設計になっている。用途は使い手によって様々で、ベッドや本棚を搬入し住居や書斎として活用できるなどマルチハビテーションを実現する新しいライフスタイルの形を提案。昨年には試験的な試みとしてキッチンやカウンターを設置した期間限定のワインバーが神楽坂にオープンした。

 価格はスタンダードモデルを350万円(税別)で販売し、オプションでベッド床板や床下電源・コンセント、LED照明などのカスタムも可能。駐車および保管は私有地、またはスノーピークが全国4カ所で運営するキャンプ場でスペースを提供するなどしている。昨年企業向けに販売を開始したところ、すでに受注がつき好評を得ているという。

 ギンザ シックス内にオープンする「スノーピークモバイル」では「住箱」で提案するライフスタイルに合ったアウトドア用品やアパレルなどを展開。4月20日からはスノーピーク昭島アウトドアヴィレッジ、5月3日からの3日間は赤坂アークヒルズでモバイルハウスの活用例を紹介するとともに展示販売を予定する。

■ スノーピークモバイル
住所:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 5階
電話:03-6263-9836