着ぐるみに着想したフェンディルミと創業家デザイナー「フェンディ 表参道店」オープンを祝福

FENDIRUMIと撮影に応じるシルヴィア・フェンディ
FENDIRUMIと撮影に応じるシルヴィア・フェンディ
画像: FASHIONSNAP

 「フェンディ(FENDI)」が期間限定のポップアップストア「フェンディ 表参道店」で5月11日、オープン記念イベントを開催した。

 新店舗は4月27日にオープン。店舗面積435平方メートルの2フロア構成で「コンテンポラリーに解釈したローマと、イタリア文明宮、そしてフェンディ」をコンセプトに内装がデザインされた。地下1階には、イタリア人デザイナーのクリスティーナ・チェレスティーノ(Cristina Celestino)が手掛けた移動式のVIPルーム「ザ・ハッピー・ルーム(THE HAPPY ROOM)」を世界で初めて導入。暖色系のカウチや大理石のテーブルなどの家具が設置され、天井にはブランドのアイコンでもあるファーを閉じ込めた照明などでラグジュアリーな空間を創出した。1階は日本人プラントハンターの西畠清順のインスタレーション「FENDI meets organism by Ikebana」の赤に染まった枝先が地下へと続く階段に伸びている。

 今回のイベントのためにフェンディ家3代目でクリエーティブディレクターのシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)が来日。新店舗について「オープンしたばかりのギンザ シックスのストアは重厚感がありクラシックな印象だが、この表参道店はコンテンポラリーでエクスペリメンタル。地下はイタリアン人デザイナーが、1階は日本人アーティストが手掛けていてうまくミックスされており、2店舗でいいコントラストが表現できていると思う」と語り、自身が手掛けるメンズウエアについて「毎年期待も手応えも増している。1階ではウィメンズとともにメンズも展開しているので、気軽にお店に寄ってほしい」とコメントし、日本の着ぐるみにオマージュを込めて誕生したキャラクター「フェンディルミ(FENDIRUMI)」との写真撮影に応じた。パーティには小嶋陽菜や松井愛莉、浦浜アリサらゲストがブランドのアイテムに身を包み来店し、店舗のオープニングを祝福した。