;

肌に優しい天然素材にこだわるベッドリネンブランド「ヤーンホーム」デビュー

FUSHIMI
FUSHIMI
画像: YARN HOME

 日本のものづくりへのこだわりから生まれたベッドリネンブランド「ヤーンホーム(YARN HOME)」がデビューした。ブランド設立を記念し、銀座三越と新宿伊勢丹でポップアップショップを開催する。

 「ヤーンホーム」の「YARN」は"糸"を意味し、糸からこだわり日本のルーツを大切にするという思いを込めて命名。肌に優しい天然繊維を使用したベッドリネンやバスアイテム、ブランケット、キッチンアイテム、ルームウエアアイテムをラインナップする。

 ベッドリネンでは3シリーズをそろえ、「FUSHIMI」は京都伏見の伏流水を使用した「重合改質」という技術によって生まれるpHコントロールと瞬間消臭機能を持った超長綿サテンを使用。「BINGO」は広島県の備後地区で織られたデニムの生地を使ったシリーズで、細番手の糸を使いやさしい肌あたりを実現した。ベッドリネンのほか「GOOD NIGHT SUIT」とコラボレーションしたパジャマをメンズとウィメンズでラインナップする。また、オーガニックコットン100%を使用し東京押上にある染工場で染め上げられた「AZUMA」では、ベッドリネンに加え「nanadecor」とコラボレーションしたナイトドレスを展開。そのほか、吸水性を備え弾力があるパイルアイテム「IYO」などが登場する。価格帯は税別1,300円〜2万9,000円。

■「YARN HOME」POP UP SHOP
銀座三越:2017年5月15日(月)〜5月30日(火)
新宿伊勢丹:2017年6月28日(水)〜7月11日(火)
オンラインショップ:2017年夏オープン予定