2万冊の書籍がそろうブックホテル「箱根本箱」が2018年春に開業

箱根本箱のイメージパース
箱根本箱のイメージパース
画像: 日本出版販売

 日本出版販売が自遊人と協業し、ブックホテルを中心とした複合施設「箱根本箱」を箱根町の強羅温泉エリアにオープンする。開業は2018年春を予定している。

 「箱根本箱」の延床面積は1980平方メートルで、中強羅駅から徒歩4分の場所に立地。館内全体を「書斎」と捉えた本のある暮らしを提案する宿泊者専用のブックホテルのほか、日帰りでの利用が可能なブックストアや温泉、レストラン&カフェ、ショップ、コワーキングスペースを併設する。日本出版販売による新ブランド「YOURS BOOK STORE」が本のディレクションを行い、施設全体のプロデュースとディレクションは、新潟県南魚沼市のライフスタイル提案型複合施設「里山十帖」を手がけた自遊人が担当。客室は全19室うち18室に温泉露天風呂が付くほか、各部屋にオリジナルの本棚が設置される。宿泊単価は1泊朝食付きで1万9,000円から。建物の1階にある「ブックストア」では新刊をはじめ、古書や洋書を約2万冊展開し、デザインやアート、食を中心とした創造的なジャンルに限定して選書するという。レストラン&カフェでは「オーガニック&クレンジング」をテーマに箱根近辺の食材を使った野菜中心の料理を提供し、ビーガンやベジタリアンにも対応する。

■箱根本箱(ハコネホンバコ)
オープン日:2018年春
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491
アクセス: 箱根登山鉄道 ケーブルカー「中強羅駅」徒歩4分
構造:鉄筋コンクリート造
延床面積:1980.61平方メートル
客室数:全19室(スイート1室、洋室18室)