仏ラグジュアリー企業が支援、藝大生による「2074、夢の世界」展を祝福

2017年06月16日 21:40 JST

 コルベール委員会が東京藝術大学の学生を対象に実施したコンペティションの作品を展示する「2074、夢の世界」展が、6月17日から東京藝術大学 大学美術館で一般公開される。前日の16日にオープニングセレモニーが行われ、同委員会のメンバーであるフランスのラグジュアリー企業のプレジデントやCEOが祝福した。

■アートの話題
資生堂の原田忠、初作品集「原田忠全部」発売記念した企画展開催
荒木経惟が個展「写狂老人A」を開催、新作を中心に1千点以上を公開
米原康正の新作は「前髪」がテーマ、約100点を展示販売