;

ファーフェッチが中国EC第2位の「JD.com」と提携

 ロンドンを拠点にするファッションECサイトの「ファーフェッチ(Farfetch)」が、中国のECサイト「JD.com」と戦略的パートナーシップを提携した。

 JD.comは「アリババ」に次ぐ、中国第2位のECサイト。今回の提携でJD.comは3億9,700万ドル(約440億円)をファーフェッチに投資し、同社の大株主となるとともに、JD.comの創設者兼CEOのリチャード・リュウ(Richard Liu)はファーフェッチの取締役として加わる。JD.comはファーフェッチの持つラグジュアリー分野でのノウハウを得る一方で、ファーフェッチはJD.comの筆頭株主である中国大手IT企業のテンセント(騰訊)が運用するインスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」を活用した販促などのマーケティングや中国全土を網羅するロジスティックのネットワークを活用し、中国市場でのさらなる拡大を図っていく。ファーフェッチは先日、コンデナスト(Condé Nast)とのパートナシップ提携を発表していた。