;

三越伊勢丹の夏セールがスタート、伊勢丹新宿店に約6400人が殺到

セール初日朝の伊勢丹新宿店本館
セール初日朝の伊勢丹新宿店本館
画像: FASHIONSNAP

 三越伊勢丹が、7月12日から夏のクリアランスセールをスタートした。伊勢丹新宿本店では気温30度を超える炎天のもと、地上は「本館の正面玄関」と「本館パーキング側玄関2」「メンズ館の正面玄関」、地下は「地下の正面玄関」と「地下のパーキング側玄関」の合計5つの入り口に開店待ちの列ができ、10時30分の開店時刻を15分早めてオープン。行列の客が入りきった10時30分時点で、本館とメンズ館合わせて約6,400人が来館した。

 本館の先頭客は午前6時、メンズ館の先頭客は午前5時から並び始めたといい、本館は日傘やサングラス、帽子、扇子、水分補給など暑さ対策をしたり、読書をして開店を待つ人が多く見られた。オープン後は2階の婦人靴売場や3階の「リ・スタイル(Re-Style)」「トゥモローランド (TOMORROWLAND)」、6階の子供服売り場を中心に客が集まった。メンズ館は1階雑貨編集フロア、2階インターナショナルクリエーターズフロア、6階コンテンポラリーカジュアルフロアが例年通り賑わい、中でも2階が混雑している。目当ての物を一通り購入すると、最後に1階の雑貨編集フロアに降りてネクタイやワイシャツといった小物を購入する客が目立った。なお、新宿店は今日から16日まで営業時間を全館20時30分に延長する。