カジュアル化の裏で紳士服メーカーの機能性スーツが需要増

2017年07月19日 09:15 JST

 クールビズの普及などに伴い、ビジネスファッションのカジュアル化が進んでいる。今年は伊藤忠商事が「脱スーツ・デー」を導入し、コットン製のスーツやカーゴパンツ、ロールアップパンツなどに加えて、これまでは不可だったジーンズの着用を解禁した。一方で、大手スーツメーカーは"スーツ回帰"の傾向があると分析。今季は通気性やウオッシャブルといった多機能性のある商品を拡充し、多様化するニーズに対応している。

■ファッションブランドも提案
カジュアルウエアは仕事に好影響?GAPが「デニムフライデー」提案