アメリカ発「モダンキルト」にフォーカスした日本初の大規模展が大丸梅田店で開催

作家ルーク・ヘインズ
作家ルーク・ヘインズ
画像: 大丸松坂屋百貨店

 「モダンキルト」に焦点を当てた展覧会「今、モダンキルトの時代展~世界で最も人気と噂の30代男子作家ルーク・ヘインズ&アメリカの新鋭10作家たち~」が、大丸梅田店で開催される。会期は9月13日から18日まで。

 「モダンキルト」は現代風にアップデートされたデザインが特徴のアメリカから広がりを見せているキルトの新ジャンル。同展は日本初の大規模な展覧会となる。ルーク・ヘインズ(Luke Haynes)が手掛けた新作や日本初公開作品を中心に、Denyse Schmidt、Elizabeth Hartman、Sherri Lynn Woodら10名の作家による作品を展示。また、全国のキルトショップのアイテムがそろう「ハッピーキルトマーケット」が同時開催される。

■今、モダンキルトの時代展~世界で最も人気と噂の30代男子作家ルーク・ヘインズ&アメリカの新鋭10作家たち~
会期:2017年9月13日(水)〜9月18日(月・祝)
入場時間:10:00~19:30(20:00閉場)※最終日は17:30分まで(18:00時閉場)
会場:大丸梅田店15階 大丸ミュージアム<梅田>
入場料:一般800円、中高大生600円、小学生以下無料