1年で6万足を売る「パンプニーカー」から秋の新作登場、トレンドのスクエア型ヒールも

AD
2017年秋冬シーズンの新作
2017年秋冬シーズンの新作
画像: フィットフィット

 外反母趾にも優しいシューズブランド「フィットフィット(fitfit)」が、人気シリーズ「パンプニーカー」の秋冬シーズンに向けた新作を、カタログ通販やフィットフィット各店舗および公式サイトで8月から順次販売を開始する。

 「パンプニーカー」は、軽度な外反母趾でも「エレガントなポインテッドトゥが履きたい」という声に応えるため、昨年8月に販売を開始した。返りの良さが特徴の「半ボロネーゼ製法」を採用することで、スニーカーのような履き心地を実現。現在ではシリーズ累計約6万足の売り上げを達成している。

 2017年秋冬の新作では、トレンドのスクエア型のヒールをポインテッドパンプニーカーで初めて採用した「スクエアヒールパンプニーカー」(1万2,900円)や、足を綺麗にみせるV字カットデザインの「Vホールドパンプニーカー」(1万2,900円/いずれも税別)など全10型を順次発売する。10月頃からは、初のブーツ3型を展開予定。パンプニーカーシリーズの販売数は年内中に累計10万足を目指すという。

フィットフィット:公式サイト