写真家の森栄喜、家族をテーマにした真っ赤な新作を発表

「Family Regained」より
「Family Regained」より
画像: (C) 2017 Eiki Mori from the series Family Regained, C Print, Courtesy KEN NAKAHASHI

 写真家の森栄喜が、新作個展「Family Regained」をKEN NAKAHASHI Galleryで開催する。会期は9月8日から30日まで。

 森栄喜は1976年石川県金沢市生まれ。パーソンズ美術大学写真学科を卒業し、東京を拠点に国内外で活動している。2013年には、森がパートナーと出会ってからの1年間を記録した写真集「intimacy」で第39回木村伊兵衛賞を受賞。また、同性婚をテーマにしたパフォーマンスとその記録映像作品「Wedding Politics」を発表するなど、活動家としても知られている。

 KEN NAKAHASHI Galleryでは初となる今回の個展は、今秋刊行予定の写真集「Family Regained」から厳選した作品を展示。家族をテーマに、友人や恋人同士、夫婦などを被写体の暮らす住居や庭先でセルフタイマーを用いて、森自身も登場しながら撮影が行われた。作品群には真っ赤なフィルターを使用。森自身が親しくしている身近な共同体を「社会形態の小さな一つの縮図」とし、それを多様な家族形態やセクシャリティーの実例として自身の写真に取り込むことで、今日の家族像を表現したという。

■森栄喜 個展 「Family Regained」
会期:2017年9月8日(金)〜30日(土)
会場:KEN NAKAHASHI Gallery
住所:東京都新宿区新宿3-1-32 新宿ビル2号館 5階
電話番号:03-4405-9552
開廊時間:火曜〜土曜 13:00〜21:00
休廊日:日曜・月曜