パリ進出に意欲、マラミュートが新作発表

2018年春夏コレクション
2018年春夏コレクション

 「マラミュート(malamute)」がパリ進出に意欲を見せている。2018年春夏コレクションでは、これまで継続的に行ってきた原宿ロケット(ROCKET)から表参道のラパン・エ・アロ(LAPIN ET HALOT)に会場を変え、モダンな雰囲気の中でブランドの世界観を表現。ショールームのH3O Fashion Bureauと契約するなど、海外展開に向けて着実に体制を整えており、次回はパリでの合同展参加を視野に準備を進めるという。

 2018年春夏コレクションでは「twilight」をテーマに、ベルナルド・ベルトルッチによる、清朝最後の皇帝で後に満州国皇帝となった愛新覚羅溥儀の生涯を描いた歴史映画「ラストエンペラー」に着想を得て製作。当時の時代背景から垣間見られる装いの移り変わりをコレクションで表現したという。今期もビジュアルは写真家の森栄喜が担当。ウェブで公開されているルックとは別に、会場ではイメージビジュアルも展示された。得意のニットは素材の産地にこだわったワンピースやスカート、パンツなどをラインナップ。前シーズンからスタートした布帛アイテムも好評で、今シーズンはオーガンジーを使用した透け感のあるアイテムも発表した。