;

ギャルソンの次は「宗教」来年のメトロポリタン美術館特別展はカトリックに焦点

 El Greco, Cardinal Fernando Niño de  Guevara (1541–1609), ca. 1600, oil on canvas;  The Metropolitan Museum of Art, H. O.  Havemeyer Collection, Bequest of Mrs. H. O.
El Greco, Cardinal Fernando Niño de Guevara (1541–1609), ca. 1600, oil on canvas; The Metropolitan Museum of Art, H. O. Havemeyer Collection, Bequest of Mrs. H. O.
画像: © Metropolitan Museum of Art

 ニューヨークのメトロポリタン美術館コスチューム・インスティチュートが主催する来年の特別展が「Heavenly Bodies: Fashion and the Catholic Imagination」に決定した。会期は2018年5月10日から10月8日まで。

 特別展ではファッションと同美術館所蔵の宗教に関するアートワークのダイアローグ(対話)にフィーチャーし、創造性と宗教的なイマジネーションの関係を探る。バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂所有のローマ教皇のローブやアクセサリーなど、バチカン市国以外では初公開となる貴重な品をはじめ、20世紀初期のコスチュームから「ヴェルサーチ(VERSACE)」や「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の既存ブランドの近年のコレクションピースなどを3会場にわたって展示し、ファッションとカトリシズムの関わりについて紐解く。

 今回「ヴェルサーチ」が展覧会の協賛ブランドとして参加し、毎年恒例のオープニングを祝うメットガラは5月7日に開催される予定。リアーナ(Rihanna)をはじめ、ドナテラ・ヴェルサーチ(Donatella Versace)、アマル・クルーニー(Amal Clooney)、アナ・ウィンター(Anna Wintour)らがホストを務める。

■ Heavenly Bodies: Fashion and the Catholic Imagination
会期:2018年5月10日〜10月8日
会場:The Met Cloisters、The Met Fifth Avenue: Medieval Galleries、Anna Wintour Costume Center
公式サイト