;

「シムラの着物ミナの帯」が2年ぶりに開催、糸井重里らによるトークショーも

アトリエシムラの新作
アトリエシムラの新作
画像: ほぼ日

 アトリエシムラと皆川明が手掛ける「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」が、2年ぶりとなるコラボレーション企画「シムラの着物 ミナの帯」を南青山のTOBICHI2で開催する。会期は12月8日から17日まで。

 第2弾となる今回のイベントでは、アトリエシムラの新作を含む着物約10点と、皆川明が今回のためにデザインした5種類の柄をあしらった帯が展示販売される。帯は新作「風の種 カゼノタネ」「rosette」をはじめ、前回のイベントで好評だった「forest dot」「grapes」を糸や色を変えて展開。帯の緯糸(よこいと)には、アトリエシムラが草木で染めた糸をアクセントとして取り入れている。

 会場では、常時アトリエシムラのスタッフが着物と帯の説明や、組み合わせなどの購入相談を受ける「お見立て」を実施。お見立ては営業時間の前後にも行われる。このほか、「ミナの帯」と同じ柄で製作した数寄屋袋や、アトリエシムラによる小裂(こぎれ)の額装といったグッズを販売する「ショップ in TOBICHI」を展開するほか、 初日の8日にはアトリエシムラ代表の志村昌司、ほぼ日の代表を務める糸井重里、皆川明によるトークショーが開催される。

■シムラの着物ミナの帯
期間:2017年12月8日(金)〜12月17日(日)
場所:TOBICHI2
時間:12月8日 11:00~17:30、9日・10日 11:00~18:00 、11日〜15日 11:00~19:00 、16日 11:00~17:00、17日11:00~19:00
住所:東京都港区南青山4-28-26 入場無料
公式サイト