;

平昌オリンピック日本代表選手団の公式服装が決定、パーソナルオーダーシステムの採用も

画像: JOC提供

 日本オリンピック委員会が、来年2月から平昌で始まる第23回オリンピック冬季競技大会で日本選手団が着用する公式服装を発表した。コンセプトは「輝け!今を駆け抜ける、勇者たち!」で、デザイン・製作はスーツの製造販売などを行うAOKIが手掛けた。

 男性用はジャケット、スラックス、シャツ、ネクタイ、ベルト、ソックス、渡航用ニットシャツ、靴の8アイテム、女性用はジャケット、スラックス、ブラウス、スカーフ、ベルト、ストッキング、バッグ、渡航用ニットシャツ、靴の9アイテムから構成。日本製の素材と縫製に徹底し、オリジナルニット素材などを使用することで快適性を追求するなど、楽に動けて着て楽しい「楽動」を実現した。上着のデザイン(シングル/ダブル)とパンツのシルエット(スリム/ワンタック)は選手が選べるパーソナルオーダーシステムを採用している。