米国の多くのファッションブランドなどのマーケットを調査

手作りEC「エッツイ」が1000億円企業に成長

手作りEC「エッツイ」が1000億円企業に成長の画像

Eショップでの販売が増々注目されていますが、今年で設立8年目に突入する、ブルックリンベースの『ETSY-エッツイ』が絶好調!エッツイーは、手作りの商品を販売するEショップで、昨年のホリデイシーズンは前年比の72.9%増を記録。2012年の売り上げは、前年比70%増の8億9千500万ドル、まもなく10億ドルに達します。  

最近、ピンタレストの様にとてもシンプルなインターフェースになった、エッツイでは、ハンドメイドで作られたもの、ヴィンテージ商品、そして物作りをする為のマテリアル(材料)の3種類の販売が認められていて、売り手と買い手によってビジネスが成り立っています。昨年の新バイヤーは前年比83%増、新会員数は1000万人超え。現在、ドイツ語、フランス語、オランダ語、イタリア語、スペイン語等にも対応しており、200カ国の人がエッツイーを利用しているそう、全世界トータルの会員数は2200万人にも及びます。 

もっとも人気のカタゴリーはジュエリー、アパレル商品と家庭雑貨も好調。中でも急成長しているのがウエデインググッズと、インテリア雑貨品。 Jクルーや、アーバンアウトフィッターズ社の『BHLDN』等、センスの良い専門店も
登場していますが、人生に一度のウエデイング、作り手のセンスとニーズを重ね合わせながらショッピングできる楽しさがあります。また、家具も人気のアイテムの一つで、2011年から134%増と急成長しているそうです。

モバイルサイトのビジターは、前年比244%増と驚異的、当然、同社ではモバイルサイトと海外のビジネス拡大に力を入れています。IOSでのフォトアプリを開発するMIXELを買収しており、今年はデスクトップからのアクセスを超える成長が期待されています。また、昨年、卸売りをベースにしたEショップ『TRAUNKT』を買収しており、Etsy Wholesale Market Placeが、まもなくスタートするようです。

マンハッタンには、新進クリエーターが販売をするイベントスペースもありますが、エッツイでは、撮影した写真をアップしていくだけで自分のウエブストアが実現。 しかも僅かな出品費用で世界中のバイヤーに向けてビジネスができるのは大変な魅力だと思えます。そして、購入者達にとっても、世界中の作り手達とコミュニケーションを取りながら、才能やセンスあふれる商品が届くのが待ち遠しいショッピング体験に魅了されているのだと思います。

手作りした物を売るというのは、昔からあったものですが、ここ数年のSNSの普及でエッツイ内の写真も多くシェアされ、瞬く間に広がったのでしょうね。類似サイトは他にもありますが、圧倒的にセンスの良い物が多いのが特徴ではないでしょうか。

ちなみに、会員費は無料で、基本的にかかる費用は以下の通り。
一つのアイテムにつき5枚までの写真が20セントで公開でき、4ヶ月間ウエブ上にのります。売れた際の手数料は、商品代金の3.5% 

www.etsy.com