マーケティングコンサルティング目線から役立つ情報を提供

話題になったファッション系テクノロジーまとめ

話題になったファッション系テクノロジーまとめの画像

ここ最近の流れとして、スタートアップのテクノロジーを大企業が導入する事例が増加傾向にあると思われます。
今月も、大きな動きがいくつつかありましたので、ピックアップをして考察をしていきます。
WEB接客、サイズ等の課題を解決していく流れが急速にきていると感じます。

Virtusize(ヴァーチャサイズ)

Virtusize-バーチャサイズ-Virtusize-Japan.png

引用-Virtusize

過去に購入した商品とイラストで重ねあわせて比較ができるサービスです。
MAGASEEKが導入してから、ユナイテットアローズ、TSIホールディングス、ディノス・セシールなど続々と導入企業が増えており、最近ではアーバンリサーチオンラインストアでも導入が決定したようです。
サービスの認知度は上がりましたが、ユーザーがに使ってもらえるかが、最も重要な点です。
当初よりも入力項目が変わり、ECサイトによっては、購入画面で大きく訴求もされており、今後利用するユーザーが増加していきそうですね。

LINE Pay

LINE-Pay-924x1024.png

引用-LINE Pay

「LINE Pay」は、モバイル時代の新たな決済インフラとして、スマートフォン上における決済利用シーンの拡大を図るべく、クルーズが展開する「SHOPLIST.com by CROOZ」と「Reward by CROOZ」を皮切りに、「ZOZOTOWN」や「HMV ONLINE」などに順次「LINE Pay」の導入を進める。
「ZOZOTOWN」ではLINEビジネスコネクトやスタンプの連携もあり、「ZOZOTOWN」の本サイト上のファーストビューに「LINE@ZOZOTOWNの告知バナー」があり、ユーザーへの認知を前回よりも強化
をしており、今後の動向に注目です。

SENSY(センシー)

SENSY-センシー-ファッションスタイリストアプリ-1024x698.png

引用-SENSY

ファッションセンスを学習し好みのアイテムを提案してくれるiPhoneアプリ「SENSY(センシー)」をリアル店舗で提供。
ブランド用にカスタマイズしたリアル店舗向けの接客サービスです。
実証実験では、店内に設置されたタブレット端末にインストールされた「SENSY」を使って、一人ひとりの好みをヒアリングしたうえで、利用客の好みに合わせたおすすめアイテムをランキング形式で教えてくれるサービスを提供するようです。
販売員と「SENSY」の役割分担が難しそうそうな印象はありますが、オペレーションが組めれば、現場の負担を軽減し、よりよい店舗運営も可能になってくるのではないでしょうか。

最後に

今後、WEB接客や決済は重要になってきますが、WEB上でのデータやツールを実店舗の運営効率化や商品MDに活用する企業が増加していけば、アパレル産業も大きな革新になるのではないでしょうか。
企業は雑務から開放され、本来、やるべき業務により集中することが可能になり、良い商品をユーザーにあった形で提供できれば、テクノロジーを利用してファッション・ビジネスを加速できていると考えます。