;

ストレートに発信するメディア

三陽商会8ブランドから「花粉プロテクトコート」が登場

三陽商会8ブランドから「花粉プロテクトコート」が登場の画像

毎年2月から4月頃、飛散が本格化するといわれるスギ花粉。今年は花粉の量が少なめという朗報が届いているようだが、花粉症の人にとってはそれでも安心できないかもしれない。

そんななか対策のひとつとして、スマートに花粉を撃退する「花粉プロテクトコート」が「マッキントッシュ フィロソフィー」や「アマカ」など婦人服8ブランドから発売に。

naka201601281643.jpg今シーズンの「花粉プロテクトコート」は、1着で2つのカラーが楽しめるリバーシブルタイプや、冬の時期から着用できるライナー付き、春らしい鮮やかなカラーなど、全16型を用意。

d9154-75-797206-3.jpgnaka201601281646.jpgまた春の雨対策にもなるよう、全ての型に"はっ水加工"を施しているほか、ビジネスからカジュアルまで選べる様々なデザインが勢揃いしている。naka201601281645.jpg

「花粉を屋内に持ち込まない」がコンセプトの同商品は、花粉が付きにくく落ちやすい素材を使用しているため、屋内に入る前にコートを脱いで軽く払うことで、コートに付着していた花粉の多くを落とすことができるそう。

展開ブランドは「マッキントッシュ フィロソフィー」「アマカ」「エヴェックス バイ クリツィア」「ポール・スチュアート」「サンヨー」「トランスワーク」「バンベール」「プリングル1815」の婦人服8ブランドで、全国百貨店を中心とした店頭のほか、直営オンラインストア「サンヨー・アイストア」( http://sanyo-i.jp/)にて1月上旬より順次発売(本体価格は税抜2万9000円 ~7万6000円)。

naka201601281644.jpg備えあれば憂いなし。毎年くしゃみや涙目に悩まされている人は、このプロテクトコートで憎き花粉を華麗にスルーしちゃおう!