日本唯一の通販市場の週刊専門紙

テレビショッピング研究所 売れ筋の「ジニエブラエアー」の新色展開で売上倍増

テレビショッピング研究所 売れ筋の「ジニエブラエアー」の新色展開で売上倍増の画像

テレビショッピング研究所は4月27日から、同社が展開する売れ筋ブラジャー「ジニエブラエアー」の新色の販売を始めた。同商品自体は昨夏から販売をスタートしており、ジニエブラシリーズ全体で年間30億円程度の売り上げを上げている人気商品だが、新色の投入でさらに拡販を強化する。テレビ通販やネット販売など自社通販のほか、特に店頭への卸販売などを強化し、今期はシリーズトータルで倍の60億円の売り上げを目指す考え。

同社では2012年から米国発のノンワイヤーブラ「ジニエブラ」を日本総代理店として自社および卸で販売をスタートしており、シリーズ商品でメッシュ構造の生地を使用するなどでより通気性や透湿性を高めた「ジニエブラエアー」についても昨年7月から販売を開始。着け心地など商品の良さから「リピート率が他商品よりも格段に高い」(国際部・長谷川雪子ブランドマネージャー)ようで好調な売れ行きで推移し、「ジニエブラ」などシリーズ全体の年間売上高は約30億円まで達しているようだが、さらなる拡販を目的に同日から「ジニエブラエアー」の新色として春夏のトレンドの花柄やシースルーファッションにもマッチするやさしい色合いの「ベイビーピンク」と「フレンチラベンダー」の2色を新たに投入した。これにより、従来から展開する4色と合わせて全6色となった。なお、価格は全色共通で税込4980円(2色2枚セット)。サイズはSから4Lまでの6種となっている。

新色はまず同社の通販サイトや輸入生活雑貨店「PLAZA」など一部店舗への卸販売から開始。今後は同社のテレビ通販でも販売していく。なお、通販専門チャンネル「QVC」ではすでに先行して販売を始めている。

新色の販売開始に合わせて拡販策を展開。4月27日からSNSを活用したキャンペーンもスタート。ジニエブラ公式フェイスブックから投稿に対して、「ジニエ春キャン」とコメントを投稿すると「ジニエブラ」のセットのほか、調理器具や食材などを抽選でプレゼントする試みを開始。また、同日には「ジニエブラ」のブランドのメインモデルであるジョアンナ・サンブチーニさん(写真中央右)やタレントのキンタローさん(写真中央左)が「ジニエブラエアー」を着用したファッションショー形式の記者発表会を都内で開催。「着ていて心地よい。女性が求めているブラの最終形態だと思う」(サンブチーニさん)、「リラックスできるのに、バストの形もちゃんとキープしてくれるのがすごい。いいもの見つけたって感じです」(キンタローさん)などと話し、同商品のPRを図った。

「ジニエブラエアー」の新色投入で「ジニエブラ」シリーズの拡販を今年はさらに強化する意向で、メインのテレビ通販での販売強化に加えて、特に店舗への卸販売を強化する。

「当社はテレビ通販が強い会社だが、テレビだけではリーチできる層に限界もある。卸を通じて売り場を広げていくことで売上拡大につながっていくはず」(ポール・チャン国際部部長)とし、卸販売先の開拓などに注力し、現状は「ジニエブラ」シリーズの売り上げの7~8割はテレビ通販経由となっているが、卸販売経由の売上シェアを全体の半数程度まで高め、「ジニエブラ」のシリーズ全体で現状の倍となる60億円程度まで拡大させたい考えだ。

なお、同社によればジニエブラのほか、調理器具やスチーマーなどの販売が好調で2016年3月期の売上高は前年比20%増程度の260億円程度で着地、利益面は明らかにしていないが増益だった模様。好調に業績を伸ばしているようだ。今期は卸販売などの強化や化粧品など新商材の販売などにも着手するなどでさらなる業績拡大を目指すとしている。