;

米国の多くのファッションブランドなどのマーケットを調査

143年の歴史上初、リーバイス501の素材に変化

143年の歴史上初、リーバイス501の素材に変化の画像

従来、ストレッチジーンズは女性向けの素材と考えられてきましたが、アスレジャーの影響でジョガーパンツや、それに台頭する商品が増加してきたことで、リーバイス社も一大決心。1%のスパンデックス混の501デニムをブログ上でアナウンスしました。 反感を持つデニムファンもいるでしょうが、リーバイス501は今の所、1%のみの混率で、見た目は普通の商品と変わらないが、はき心地は格段に良くなっているというのが売りの様だ。

思えば、ルルレモンのABCパンツ(Anti Ball Crushing Pants)もヒットし話題になりました。男性の事情はわかりませんが・・・とにかく、このパンツは、股部分にも4ウエイストレッチ素材を使用していて若干タイトなシルエットですが、オフィスでの着用、サイクリングやハイキングにも対応し、非常に心地が良いそう。今や、ユニクロやジェイクルーでもストレッチ混のパンツを販売していますので、リーバイス501の素材の変化も時代の流れとも言えます。

levis_1001_2.jpg

ヤングメンズアパレルに特化した、JACKTHREADS(ジャックスレッド)では、PB商品を含め、1-3%のスパンデックス混のパンツを販売しており、それぞれの違いも以下の様に説明して推奨しています。PBのジーンズは、ストレート、スキニー、スリムなど、殆どがストレッチデニム使用しており、売り切れ商品も多数出ている様です。

---------------------------------------------
1%のストレッチ:ボデイフィットはしないが、通常のコットンに比べるともう少し柔軟性がありシェープを保つ。
2%のストレッチ:若干、ボデイにフィットした感じ。何回も着用しても、シェープが崩れにくい。
3%のストレッチ:ジョガーパンツに多く見られる、ソフトでフィット感のあるフォーム。
---------------------------------------------

洗いざらしのジーンズは、デニムの醍醐味でもありますが、男性もはき心地の良いジーンズを好む様になっていることを考えると、婦人市場でヒットしている素材を男性向けにアレンジしてみるのも、思いがけなない、マストハブアイテムを生み出すかもしれません。