;

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

2つのカメラ搭載のApple Watch専用ストラップ「CMRA」が登場

2つのカメラ搭載のApple Watch専用ストラップ「CMRA」が登場の画像

iPhoneに届いたメッセージやメールをチェックしたり、音楽の曲送りをしたりできるApple Watch。

手元で多くの操作ができるとあって便利だが、撮影ができないのが残念、と思っているApple Watchユーザーに今回紹介したいのがApple Watch専用のストラップ「CMRA」。

カメラを2つとマイクを搭載していて、目にしている風景を即座に捉えたり、自撮りしたりすることができるほか、ビデオチャットにも活用できる。

CMRA_20161105_02.jpg

・手元で操作が完結!

Apple Watchの使用に慣れてしまえば、撮影するためにわざわざiPhoneを取り出すのが煩わしく感じるもの。しかし、CMRAを使えばそれがない。

レンズの近くにあるボタンを押すだけで写真やビデオの撮影ができる。そして撮影したものをタップして保存したりシェアしたりすることも。全ての操作が手元で完結する。

CMRA_20161105_03.jpg


・フル充電で写真100枚撮影

CMRAには8GBのメモリーが内蔵されているので撮影データはそこに保存してもいいし、iPhoneとシンクさせればシームレスにフォトギャラリーで閲覧・編集も可能だ。

一方、ただえさえ電池の持ちが短いApple Watch、バッテリー消耗を心配する声も聞こえてきそうだが、CMRAは独自のバッテリーで動く。

フル充電すると写真なら100枚ほど、ビデオなら30分ほど撮影でき、しかもApple Watchの充電もできる。

・ドックに置いてウォッチと同時充電

充電は専用のチャージングドックで。ここに置くと、CMRAもApple Watchも同時に充電されるというのは便利だ。

開発元Glideのサイトでは現在プレオーダーを受け付けていて、予定小売価格249ドル(約2万6000円)のところ、149ドル(1万5000円)となっている。色は黒、青、白のほか、プレオーダー限定でグレーも用意されている。

手元にカメラ機能をもたせたいというApple Watchユーザーはチェックしてみてはいかが。出荷は来春の見込み。

CMRA