ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

身近すぎて説明できない「ブランド」の意味とは?

medium_shutterstock_250813681.jpg

ファッション業界で当たり前のように使われる"ブランド"という言葉。深く考えずとも大体、わかるような気はするけれど、改めて気に留めてみると、うまく説明できない...。ブランドって、そもそも何???

◇◇◇

ブランドは他の製品と区別する「記号」です。

ファッションに限らず、一般に販売されている製品には必ず「ブランド」が付いています。「レーベル(LABEL=ラベル)」とも呼ばれ、日本語で表現するなら「商標」です。これは同じ商品、例えば、同じ洋服でも他(社)の商品との違いを明確にするための「記号」です。商標は特許と同じように法的にも保護され、現在はロゴや象徴的な柄など「意匠」も登録することができます。しかし、"単なる"記号ではありません。

brand-20170617_001.jpg
レーベル、商標という言い方も

ファッション製品でブランドと言うと、大きく以下の3つがあります。

創業デザイナーの名前か、ブランドを象徴する名称を付けたデザイナーブランド

企業名を付けたコーポレートブランド

工場(メーカー)の名前を付けたファクトリーブランド

です。

ただし日本国内を見渡すと、"ブランド"が指すところはやや特殊です。世界的にブランドと言うと、上記の3種類ですが、日本ではデザイナーブランドのほか、ブランドの考え方やイメージを言葉に置き換えた名称が主流となっています。ワールドの「3can4on」(サンカンシオン)やオンワード樫山の「組曲」などがそれに当たります。日本市場ではこれらを、"オリジナルブランド"と呼んだりします。

デザイナーブランドの例では、海外ブランドでは「クリスチャン・ディオール」や「イヴ・サンローラン」など。日本では川久保玲さんの「コムデギャルソン」などが世界的にも知られています。

コーポレートブランドでは「バーバリー」や「ルイ・ヴィトン」などが有名ですね。日本では「サマンサタバサ」や「キタムラ」など雑貨系が多いようです。