ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

エドウインが新ブランド「グリニッシュ・ブラウン」発売

medium_グリニッシュ_ブラウン.jpg
ブランド名を直訳するとウグイス色。繊細な色彩概念をイメージしたネーミングで、日本的な感覚を表現している

エドウインは18年春夏、新ブランド「グリニッシュ・ブラウン」を発売する。ブランド名にあえて「エドウイン」を使用せず、エドウインとは異なる手法で市場を開拓する。18年春夏はメンズを先行させ、国内販売を基本とするが、海外での販売も視野に入れている。(稲田拓志)

グリニッシュ・ブラウンの基本コンセプトは「ワークやミリタリーといったオーセンチックなユーティリティウェアをソースに、素材や縫製など日本の物作りならではの上質で繊細なアレンジを加えた大人の実用服」。

主なターゲットは30~40代で、メンズからスタートする。販路は特定のショップへの卸やECを検討しており、エドウインとは異なる販売ルートを想定している。

アイテムはエドウインよりもボトムスの比率が低く、トップの比率は通常のアパレル並み。価格帯はジャケットで2万2000~2万7000円、シャツで1万2000~1万6000円、パンツで1万4000~2万2000円。素材、縫製ともにメード・イン・ジャパンとなる。

同社がエドウインのブランド名を使用しないブランドを展開するのは珍しい。エドウインで長年培った物作りのノウハウや背景を生かしながら、商品、マーケティング、プロモーションなどを含め新たな手法に取り組む「トライアルプロジェクト」と位置付けている。