;

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

カロリーやカフェインの摂取量を可視化、飲み物を色で識別するタンブラー登場

食べ物のカロリー計算はしていても、飲み物までは手が回っていない方も多いはず。カロリーが高い飲み物も存在するので、しっかりとカロリー計算に含めたいところだが、摂取回数やタイミングが決まっていない飲み物をいちいち手動でカウントするのは現実的ではない。

そんなとき重宝するのが、飲み物を注ぐと勝手に種類や量を識別してくれるタンブラー「Prismcups」だ。このタンブラーはカロリー計算はもちろん、砂糖やカフェインの量もカウントしてくれる優れもの。Prismcupsの機能や特徴をご紹介する。

tanb.png

・RGBカラーセンサーで飲み物を正確に識別

Prismcupsは、盲点となっている飲み物のカロリー、砂糖、カフェインの量を計算して記録してくれる。興味深いことにこのタンブラーは、注ぎ込まれた飲み物を色で識別している。

実は、RGBカラーセンサーを活用することで、高価な分子センサーを用いたものよりプロダクトの価格がずっと抑えられるのだ。

tanb2.png

ただ、色は微妙な光の当たり具合などで変わりやすく、RGBカラーセンサーでの識別は、精度において分子センサーによるものに劣ることは否めない。Prismcupsでは、機械学習によるRGBコードの範囲の割り当てで、この課題を克服している。

赤外線スペクトルで測定した飲み物の量と、データベースから取得した成分から含有量を計算し、これらが記録される仕組みとなっている。

なお、データベースに登録されていない飲み物については、自分で新規に登録したり検索したりすることが可能だ。

・消費すべきカロリーも教えてくれる

ここまで、おもにPrismcupsの技術について話をしてきたが、このタンブラーは機能面でもぬかりがない。アプリケーションにて身長や体重などを入力すると、1日を通して消費する必要があるカロリーを教えてくれる。

tanb3.png

Apple Healthkit、Google Fitnessなどと連携することもできて、総合的なカロリー管理をおこなっている方には使い勝手がいい。

管理するスマホとの通信はBluetoothでおこない、充電はワイヤレスに対応している点もありがたい。現在約30種類の飲み物が登録されていて、まだ数は充分とはいえないが、使えば使うほど賢くなるスマートなタンブラーの成長に期待したい。

Prismcupsは現在Kickstarterでサポートを募っている。プロダクトを手に入れるための出資は59ドル(約6460円)からとなっていて、検討される方は以下からチェックしていただきたい。なお、配送が開始されるのは2018年9月を予定している。

Prismcups/Kickstarter