世界のトレンドを発信するメディアプラットフォーム

Uber がロンドン市内での営業免許失効へ

Uber がロンドン市内での営業免許失効への画像

ロンドン市内で現在350万人のユーザーと4万人のドライバーを抱える人気アプリが追放

海外旅行の際に利用する方も多いであろう便利な配車サービス「Uber」がイギリス・ロンドンにて今年9月いっぱいで営業免許失効となる。英ロンドン交通局(TfL)は「Uber」が重大な犯罪報告を怠ったことや、ドライバーの健康診断や身元調査をしなかったことなどといった企業責任の欠如を理由に今回の決定に至ったと説明している。ロンドン市内にて「Uber」は非常に人気のツールであり、現在約350万人のユーザーと約4万人ものドライバーを抱えている。同社のロンドンでの営業免許は9月30日(現地時間)に失効するが、「Uber」はTfLの決定に対して21日以内に不服を申し立てることができ、最終的な判断が下るまでは営業することができるとのこと。今年4月にはイタリアにて全面禁止となっていた「Uber」にとって、ロンドンでの営業禁止は大打撃となることだろう。今後の展開に注目したい。