日本初 "デジタル×ファッション"メディア

iPhone8を買って使って考えた、その進化について

 iPhone8を買って使って考えた、その進化についての画像

2017年9月22日、世界一斉にiPhone8/iPhone8 Plusが発売された。同11月に発売されるiPhoneXのインパクトに少し影を潜めてしまっている8だが、個人的には、過去10年間のiPhoneの歴史の中でのひとつの完成型に位置づけられるデバイスではないかと思っている。そして、Xからはホームボタンが無くなることにより、おそらく操作方法も一新され、次世代iPhoneの幕開けとなるのではないだろうか。ゆえ、Xのほうが優れていて、8のほうが劣っているという話ではなく、人によって、求めることによって、どちらも最良のデバイスになるという話なのだ。

iphone8-review-20171010_002.jpg

まず8を見た目から見ていくと、筐体の裏側がアルミパネルからガラスの構造に変わった。そのガラス面には内面から7層もの塗装が施されているそうで、この滑らかなツヤ感はガラス素材ならではで、とても美しい。特に僕が買ったゴールドは、肌色のような色のトーンで何とも言えないエレガントさが感じられる。そしてこのモデルからiPhoneのロゴの下のシリアル番号などの細かなスペック表記が無くなった。これは意見が分かれる部分ではあるが、個人的には、少し寂しくなったなぁという印象。きっとすぐに見慣れてしまうんだけど。

次に中身について。カメラの性能も上がり、A11 Bionicチップの搭載により処理能力も格段に上がったのだという。「だという」と、他人事みたいな表現になってしまっているのは、誤解を恐れずに言えば、正直その部分にはあまり興味がない。

というのもiPhone5以降、スペックに不便を感じたことがほとんどないのだ。進化していく分にはもちろん嬉しいのだけれど、あまりそこには期待のファーカスを当てていない。逆に言えば、デザインの美しさやデザイン性の進化において何を求めているかと言えば、そのiPhoneの新しい機能や技術によって「新しい生活スタイルをもたらしてくれること」なのだ。例えば、iPhone7ではイヤホンジャックが廃止されて、不便になったという人もいるかもしれないが、その頃、イヤホンを選ぶときに、ケーブル有りかBluetoothのワイヤレスタイプを買うか悩んでいる時期に、強制的にBluetoothを選ぶ勇気を与えてくれた。

もちろん今となってはワイヤレスの便利さからケーブル有りには戻れない。それからApple Payが日本でも対応したときには、財布を持たすにiPhoneがあれば、買い物も電車に乗ることもできるようになった。これらの新しい機能がiPhoneの外側の自分の生活スタイルを変えてくれている。

iphone8-review-20171010_003.jpg

そういう意味で言うとiPhone8の僕の中での最大の進化は、Qiに対応しワイヤレス充電が可能になったことだろう。Qi自体はアンドロイド機でも対応しているためそれほど新しいことではないが、やはりメインで使っているiPhoneが対応してくれたというのはとても大きい変化なのだ。

ケーブルをぷすっと挿す。ただそれだけのことなのだけど、この置くだけ充電を経験してしまうとそのケーブルを挿す動作でさえ煩わしく古臭く感じてしまう。そしてモノ好きの僕にとっては、Qiに対応した充電プレートを選ぶ楽しみも増えた。

amazonで「Qi」と検索すればたくさんのプレートがヒットする。現在の僕の充電場所は、リビング、ワークスペース、そして車の中の3箇所で考えている。それぞれの場所にあったデザインで選ぶのもまた楽しい。

iphone8-review-20171010_004.jpg

まずワークスペースでは、ベルキンのものをチョイス。まだアップルの純正品が発売されていない今、安定感、デザインと完璧なベルキン製が大本命だろう。

iphone8-review-20171010_005.jpg

リビング用には以前に買っていたNOKIA製のポップな赤のプレートを選んだ。仕事場と違いリビングにはポップで楽しいモノがいいだろうと思う。

iphone8-review-20171010_006.jpg

そして車の中は、エアコンの吹き出し口を利用して設置するタイプのもの。以前までは乗り降りする度にケーブルを抜き差ししていたが、今は乗って、ポンっと置くだけで勝手に充電が始まってくれる。とても快適だ。

iPhoneを持つことでどう自分の生活に変化がもたらされ、便利で、楽しくなっていくか。それが僕がiPhoneの進化に求めることなのだ。

11月に発売されるiPhoneXは、どんな生活スタイルの変化をもたらしてくれるだろうか? 今からとても楽しみだ。また発売されたあとには、ここDiFaでレポートしたいと思う。

それではまた!